ブログトップ | ログイン

terry's River Side Bar

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
プロフィールを見る
画像一覧

Contour Line Wading Shoes

履き潰したSIMMSのウェーディングブーツに代わり
今回は久しぶりにFoxFireのウェーディングシューズを導入。
e0009009_23274008.jpg

SIMMSの軽量なウェーディングブーツ
ヘッドウォーターズを導入したのは2009年の6月だったから
このブーツを履いて最後の釣行となった2015年9月までの間
5年半もの間、永きに渡り良く頑張ってくれたと思う。

・・・と言っても、ちょうどこの頃から
釣行回数がとても少なくなった時期でもあり
またビブラムソールのウェーディングブーツも併用していたコトもあり
異例の長寿命となったワケだが、それだけが理由ではない。

これに代わる軽量で履き心地が良く
コストパフォーマンスに優れたブーツが市場に無かったコトも
このブーツがボロボロになるまで履き潰した理由だ。

ビブラムソールのブーツも一足あるが、フェルトソールの安心感は捨てがたく
新たにフェルトソールのブーツが欲しい・・・と思っていたトコロに
今春FoxFireからミッドカットの
軽量なウェーディングシューズが発売された

コンターラインウェーディングシューズだ。

FoxFireといえば、以前はシューズ本体にサイドジッパーの付いた
クイックジップ・ウェーディングシューズを二世代に渡り履いていたけど
今回はスタンダードなシューレースの軽量モデルをチョイスした。

シューズ本体がオレンジ色ってのが少々気になるのだけど
幅広設定で、切れやすいサイドのステッチも
溝を作って擦り切れにくくする工夫がされているのが素晴らしく
価格が良心的な設定なのも有り難い(笑)
そして、履き潰したSIMMSの軽量ブーツよりも軽いのが良い。

まぁ、軽さと耐久性、頑丈さは相反する場合があるけど
このあたりは、使用頻度や保管状況など、さまざまな要因で変わるので
しばらく使ってみないと分からない。

とりあえず、毛鉤の補充やウェーディングシステムはこれで万全。
あとはボクの休日が・・・



トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/24181211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fiat_lux at 2016-03-02 23:59
ちょっと調べたら、クイックジップは、もう5代目になっているのですね。
まだ2代目か、3代目のバージョンを、ソール替えて使ってますが・・・
・・・渓をほとんど歩いていないので長持ちしています(笑)

それより、やっぱり、問題は休日ですよね〜
Commented by tokyo_terry at 2016-03-03 00:29
fiat_luxさん♪こんばんは!
そうです、休日が問題なんですよ〜。
それにしても、そちらのシューズもずいぶんと長持ちしてますね(笑)
ソールの貼り替えはフライを始めた頃・・・もう20年程前で、
ソールの摩耗よりも本体の破損が早くて・・・
体重増加が原因のような気もしてます(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2016-02-29 23:28 | ♢ Tackle Talk | Trackback | Comments(2)