Digital Photo Professional 4.0

以前にもフォトレタッチのオハナシしたけど
なかなか使い勝手が良かったので。

e0009009_231658100.jpg
この画像は、RAW現像時、ピクチャースタイルは風景でガンマ調整後、彩度を上げた写真。
下のオリジナル画像と比べると、眠かった写真が全体的に引き締まります・・・

Digital Photo Professional 4(以下DPP)とは
キヤノンの一眼レフなどに対応する純正のRAW現像ソフトのコト。

あ、その前に・・・そもそもRAWとは・・・

よく耳にする代表的な写真の保存形式のJPEGは
色補正の処理などをカメラが行った後のファイル形式で
一枚あたりのデータサイズもRAWデータに比べると
圧縮処理されているので格段に軽く
閲覧や加工も多くのソフトで取り扱えるデータ形式。

一方のRAWデータは、JPEGデータとは違い
CMOSセンサーからの出力信号を
未加工の状態で保存した写真のファイル形式のため
様々な色情報が圧縮されずに残されている。
そのため、データサイズが非常に大きくなる。

しかし、多くの色情報が残されているため
撮影後の補正・・・例えばホワイトバランスや露出調整
カラーバランスなどの変更が可能となる。
このようにRAWデータで撮影した画像の色補正
画像編集を行うコトをRAW現像と呼ぶ。

また、RAWデータの閲覧や加工には、カメラメーカー純正の現像ソフトか
それをサポートしているアプリケーションを別途用意しなければならないため
撮ってすぐにSNSなどへ画像を投稿するのには向いていない。
イメージ通りの写真を作る場合などに向いている。

e0009009_231656100.jpg
これは絞り優先AEで撮影した無加工のオリジナル画像。
画面全体の色乗りが悪く眠い写真になっています。

ボクはこれまで
EOS Kiss DNやPowerShot G12で撮影したRAWデータは
キヤノンのDPPのver.3を使用して現像処理をしていた。
新たに手に入れたEOS Kiss X7もDPP ver.3で・・・

と思っていたら
これまでフルサイズ機のみの対応だった新しいDPP ver.4に
X7も対応できるようになったので、ダウンロードして
実際に使ってみると、これが使い勝手も良くなかなか面白い。

インターフェイスがこれまでのライトグレーからダークグレーとなり
ツールパレットも作業効率が高くなるように再デザインされた。
また、ハイライトやシャドウのスライダーで効果が分かりやすくなっている。

そして、新機能の特定色域調整(8軸色)パレットがなかなか面白い。

e0009009_2317449.jpg
レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、アクア、ブルー、パープル、マゼンタの8色の
H(色相)、S(彩度)、L(明度)個別に色調整するコトができる機能だ。
これを利用するコトで、特定色を他の色味を変えずに調整するコトができるようになる。
また、こんな風に、特定の色味を残したモノクロ画像を作り出すコトができるようになる。
といっても、空と背景の橋脚のブルーの色味が残ってしまいました。

e0009009_2317067.jpg
そこで、Adobe社のPhotoshopで修正。
レイヤーを利用して、モノクロ画像を背景にして
特定の色味を残したモノクロ画像を重ね
色味の残った背景部分を消去すると、こんな感じの写真も
わりと手軽に作れるようになる。

こういった写真はPhotoshopでマスクを使ったり
DPP4同様に特定色のみの色補正を使えば簡単にできるのだけど
RAW現像時にできるのなら、それはそれで良い。
ただ、ver3にあった多重合成ツールやHDRツールは無くなったため
その機能を使う際はver3での作業となるのが残念だ。

そして、イチバン良いなと思ったのが、ガンマ調整についた“自動”ボタン。
RAW現像しているのに“自動”?って・・・と思ったけど
これがすごくキレイに写真の色を整えてくれるのだ。

また、比較画面表示が出来るようになったのも使い勝手を高めている。
調整前の画像と、調整後の画像が同時に表示されるため
どれだけの違いが出たのかが分かり易い。

対応機種のカメラを使っている方で
まだ、使っていない方は一度使ってみてはいかがだろうか。
フォトレタッチ、結構楽しいですよ。

Digital Photo Professional 4
トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/22705984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぼっくり at 2015-01-07 21:00 x
terryさん、ご無沙汰です!
40Dはver.4には対応してないようで試せませんが、なかなか良さそうですね。
それにしてもいつもながらに解説がわかりやすいなぁと感服しています。
Commented by tokyo_terry at 2015-01-07 22:29
ぼっくりさん♪こんばんわ!!
こちらこそ、ご無沙汰しております、元気にやってますか?
DPPのver.4、使いやすくなってますよ。
40Dは未対応ですから、これを機に
対応機種への乗り換えはどうっすか(笑)
撮影後のレタッチも、慣れてくると楽しいですよ。
Commented by pcblue at 2015-01-10 20:20
terryさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

実は僕も最近DPP4を使い始めました!
3までのDPPはなぜか苦手で、ずっとライトルーム一本だったんですが、4はかなり使いやすくなってますね。デジタルレンズオプティマイザも処理時間がかなり短縮されて、使い勝手がよくなっていますし。特定色域調整も、ライトルーム対抗でしょうか(笑)。
早く「EOS M2」も対応して欲しいです!
Commented by tokyo_terry at 2015-01-10 23:48
pcblueさん♪あけましておめでとうございます!!
7D Mark IIが出たコトで、フルサイズ機以外でも使えるようになったようですが
んん?センサーサイズが同じミラーレス機はまだ未対応ですね・・・M3からかな?
ボクの場合はたまたま手に入れたX7が対応しててラッキーでしたv(^ ^
このブログの写真、縦位置写真なので
比較画面表示のお陰で、すごく使い勝手が良くなりました(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2015-01-05 23:26 | @ Art | Trackback | Comments(4)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30