Flower Viewing <Sunday Ride>

修理後の調子をみるために近所をサイクリングするつもりだったのだけど
思いもよらず、今年初めての桜のお花見ライドになった。
e0009009_1657493.jpg

先日のヒルクライム中のディレーラーハンガーの破断は衝撃的だった。
すぐにショップでディレーラーハンガーを新しいものに取替えてもらい
変則調整も合わせて行ってもらったから
バイクにしばらく乗れない日々が続くかも・・・なんて心配もなく
ほっとひと安心。

ロードバイクってのは
ハイスピードで走行するために作られたジテンシャ。
もしくは、短時間で遠くまで移動するコトのできるジテンシャ。
先日のように、自走で自宅から遠く離れた場所まで移動して
駆動系のトラブルに見舞われ、全くの走行不能になると
とにかく不安になってしまう。

幸いにも、同行者がいたり
トランポしてくれた友人がいたから、事なきを得たが
単独走行で同じ目にあったら
それはもう・・・友人達には感謝の一言だ。

e0009009_1658932.jpg

というワケで、先日のトラブルの際
駆動系のオイルでいたるところが汚れたドマーネを拭き上げ
朝からピカピカに磨いてやった。

駆動系の掃除もして、注油をしたら
修理後の調子を見るためにシェイクダウンに出かけよう。

e0009009_1659287.jpg

春のお彼岸なので、親父のお墓参りも兼ねてのサイクリングだ。
天気はすごく良いから、今日はアンダーとジャージの軽装で充分。
10分も走ると、暑いくらい。

信号待ちで川沿いの桜の木を見ていると
ソメイヨシノのつぼみも大きく膨らんでいる。
いよいよ来週くらいから、咲き出しそうな感じだ。

青信号でのスタートから、徐々にシフトアップ。
ケイデンスを意識しながら快調にペダルを回す。
シフトダウンもスパスパッと決まる。
変速時の異音などもなく、動きもスムーズ。
いい感じだ。

e0009009_16593328.jpg

変速の感触を確かめながら走行していたら
アッという間に城下町のお寺に到着した。
親父のお墓の掃除をして、花を飾り、手を合わせる。

すぐ隣のお寺には樹齢300年を越える
大きくキレイな桜の木があったから様子を見に行くと
もう花が咲いているじゃないか。

明日、明後日には満開になる感じの咲き具合でとてもキレイだ。
思いもよらず、今年初めての桜のお花見ライドになった。

桜の花の写真はコチラで→terry's Photo Lounge



トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/21814485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tabi@会社 at 2014-03-27 09:53 x
わぁ~~~、すっごいね~いいな~♪
もう、桜が満開とは・・・
私は川へもいけず、それどころか、なんと2日間で42アイテムの印刷物の入稿があって、制作進行管理で気が狂いそうです。。。
でも、これに付き合うデザイナーさんの方がたまらん!でしょうね。
いいな~私もお花見したいよう~
あ、最後に。いい息抜きになりました。ありがと!
Commented by tokyo_terry at 2014-03-27 17:49
tabiさん、こんにちは!!
早咲きの枝垂桜は、先週末には写真のように咲いてましたが
今週に入り、ソメイヨシノも各地で咲き始めましたね。
そちらも仕事で毎日が目が回るような忙しさだとは思いますが
ボクはこの時期のランチタイムには、会社の近くの桜を見ながら
・・・なんてコトしながら過ごしてますよ~。
外の新鮮な空気を吸って、気分一新するためにも。

ずっと社内で作業していると、心がささくれ立って
訂正指示を聞く度に爆発しそうになるので(爆)

校了までは大変なので、とりあえずデザイナーが作業してる間に
お花見ランチでもして来てください!!(こっそりとね*笑)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2014-03-23 17:09 | ☆Road Bike | Trackback | Comments(2)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30