keyword <slow>

のんびり、ゆっくりと。
日常の疲れを取り、渓へ癒されに行く際のキーワード。

e0009009_19341699.jpgグラベルガードのフックをシューレースに掛け、渓に駆け降りたら踝ほどの深さの流れに立ちこむ。するとイワナが上流に向かってスーッと足元から泳いでいくのが見えた。ビュッと勢いよく逃げていった感じではなく、面倒くさそうにスーッとゆっくり。浅場でのんびり過ごしていたトコロにボクがお邪魔をしたみたいだ。




e0009009_1935792.jpgさぁ、ボクものんびりと釣り上がろう。9ftのナイロンリーダーにひとヒロほど継ぎ足した5Xティペット。その先に結んだ毛鉤は、レッドハンピーの#12。空気抵抗の大きなパターンだけど、夏のイワナ釣りを楽しむにはこういう毛鉤をチョイスするのが楽しいと思う。のんびりとゆったりとしたキャスティングを心掛けながら。

それにしても、三週間振りにフィールドに出ると、随分と季節が進んだような気がする。梅雨の時期だから、気温が高くなるとずいぶん蒸し暑い。
空はスカッと晴れた天気ではないけど、渓を吹き抜ける風は心地イイ。水も冷たくって気持ちがイイ。

ただ、お目当てのイワナには出会えなかったけど。

e0009009_19361088.jpg午後から出掛けたから、アッという間に夕方になってしまった。日常の溜まった疲れを取るためにゆっくりと出掛けたのだけど、ちょっとのんびりし過ぎたようだ。水温の低い上流部ではイブニングも期待出来そうにないし、暗がりの谿は単独ではちょっと恐いから、下流部のポイントでイワナを狙おう。
以前から実績のあるプールに向かい、イブニングライズを期待しながらその時を待つ。よく釣りをしているポイントだから、退渓点も判っていて帰り道も安全なコトが判っている。タバコを吹かして、じっくりと腰を据えてライズを待とう。
いつもより水量が多くて、今日のイワナのコンディションではどうだろう・・・ライズは起こりそうもないかなぁ・・・と思っていたら、アマゴが水面を割りジャンプするようにライズを起こした。

e0009009_19373420.jpgよしよし、ライズを始めたかな。でも、もうちょっと待ってみよう。今日のキーワードというかテーマは「slow」だ。焦らずのんびり、ゆっくりとライズの位置を確かめてからでも遅くはない。陽が落ちて暗くなるまでにはまだまだ時間はある。それに今日は、イワナが釣りたいのだ。

すると、先ほどジャンプしたアマゴの位置よりも手前の流芯付近でもライズが見られた。そのちょっと上流でもライズ。

よし、イワナは諦めて、手前のライズから毛鉤を流してみよう。フライパッチに刺さっている小さめのカディスパターンをティペットに結び、ライズをしたレーンに向けて毛鉤を着水させる。コントロールを重視して、テーマ通りに「slow」なキャスティングテンポで。

レーンに乗った毛鉤がピシャッ!!と上がった小さな水飛沫とともに水面から消えた。と同時にロッドを煽ると、アマゴが水面でパシャパシャと水飛沫を上げながらダンスをするようにネットに収まった。

e0009009_1938201.jpg数枚の写真を撮って釣れたばかりのアマゴをリリースして、濡れた毛鉤を新しい毛鉤にチェンジする。水面を注視しながら。すると、同じレーンの上流側でもライズが起こっている。

次はあのライズを狙おう。かなりの頻度でライズをしているから、ナチュラルドリフトが一発で決まれば、素直に毛鉤に出てくれるだろう。最初にライズしたアマゴはさらに奥の流芯付近だったから、あのライズを仕留めたら、ダウンクロスのアプローチが出来る。まずはアップクロスでこのアマゴのライズをモノにして・・・
背後の葦に毛鉤が取られないようにして、ゆったりとしたモーションでキャスティング、そしてプレゼンテーション。

よし、出た!

e0009009_19412164.jpgそして、奥の流芯のライズを狙うと、コイツも一発で毛鉤を咥えてくれる。よしよし、今日はいつになく調子がイイ。

しかし、目の前のプールのライズはこの三つだけ。どこかでライズはないかと、水面にライズを探してみる。すると少し上流のゆったりと流れる水面が鏡状になったポイントでディンプルライズを発見した。

イワナだな。

そう思い、水面を波立たせないようにゆっくりと慎重に上流側へ移動する。しばらくライズの様子を見てみようと思っていたら、ライズリングがポワーンと水面に表れた。ゆっくりとした動作でライズをしている。

e0009009_19415480.jpgよしよし、このライズもイタダキだ。ダウンクロスで毛鉤をそっと水面に置くようにしてディンプルライズが起きた辺りへ流し込む。
スッと毛鉤が消えたのを確認してからロッドを立てると・・・あれ?引かない???何だか重いだけだ・・・イブニングだというのに、銀鱗の眩しいオチョボグチかぁ。

あのライズ、イワナじゃなかったのかぁ。
最後にこれじゃ、ちょっと後味が悪い気がするけどそろそろ毛鉤が見にくくなってきたから、コレでおしまいにしよう。

LEDライトをベストから出して、足元を照らしながらクルマに戻ろう。そして帰り道ものんびり、ゆっくりと「slow」ペースのドライヴで帰ろう。

「slow」なテンポのボサノバを聴きながら。



My trip meter 165.4km
total 3887.2km
トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/10516552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by flymagic at 2009-06-28 20:54
terryさん、まいどっ!
午後からのマイペースの釣り!良いですね~
僕は最近、徹夜の釣りばかりでカラダも疲れが取れませんよ(笑)。
夏のドライの釣り、今シーズンは出来るかなぁ~(笑)。
Commented by tokyo_terry at 2009-06-28 21:26
akaさん♪みゃ〜〜〜〜どッ!!
本業が忙しくって、なかなか疲れが取れず午後からの釣りでした。
本当は朝から出掛けたかったんですよ。疲れが取れないのは歳なのかなぁ(汗)
でも、マイペースの釣りが出来て楽しめたので良かったです。
akaさんの場合、遠くに行き過ぎなんですよ!!(笑)

Commented by mi-stream at 2009-06-28 23:32 x
terryさん、こんばんは!
久し振りのスロー釣行は、充実した時間になったようですね!
コチラも出発はスローでしたが、沢山のサカナが出るほど、スローにフライが流せませんでした(泣)
Commented by tokyo_terry at 2009-06-28 23:48
mi-streamさん♪こんばんわ!!
たまにはソロでの釣行も良いですね。誰にも気を遣うコト無く
ポイントをイロイロと巡ったり、自分のペースで休憩したりして
でも久し振りの釣りはイワナ狙いだったので
ある意味ボ◯ズと同じかも(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2009-06-28 19:47 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(4)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30