Turning Point

初夏の終わりと真夏のはじまりを実感した週末の木曽。
シーズンも折り返し、いよいよ盛夏がやってきた?

e0009009_22293943.jpg週末に向けて立て込んだ仕事を片付けて、帰り道に立ち寄ったCafeで“大人プリン”を味わう。甘さを抑えたビターテイスト。食感といい、その味わいといいこのお店の“大人プリン”はボクの最近のお気に入りだ。


e0009009_2230957.jpgこちらは東京の友人が用意したスイーツ。いつものozさんログにて、いつもの宴会メニューの夕食後に味わったもの・・・釣りの後にこういうスイーツを楽しむのもアリだと思う。





e0009009_22305544.jpg土曜の朝、晴れ間も出ているから、雨の心配は無さそうだし、もしかしたら期待しているオオマダラのハッチと活性の高いアマゴやイワナ釣りが楽しめるかも・・・なんてコトを考え、雲の多い空を見ながら木曽へ向けてステアリングを握る。

木曽に到着してみると、曇りがちだった空も陽射しが差して風も清々しい。駐車スペースで準備をしていると、友人たちから木曽入りしたコトを告げられるメールが届いた。そのまま思い思いの流れで釣りを楽しんだら、午後からは仲間たちと一緒に釣り上がろう。

先週は大雨に祟られてしまった木曽だけど、この週末の水量は落ち着いていて、ハッチもたくさん見られる・・・なかなかイイ感じだ。流れに立ち、肩の部分から開き、流芯の脇、岸沿いの巻き返し、流れ込み付近の白泡の切れ目と、毛鉤を流していくと、ほどなくしてイワナ・アマゴが立て続けにボクの毛鉤にアタックする。

e0009009_2231365.jpgアマゴは派手な水飛沫を上げて毛鉤を咥え、水面を躍るようなローリングファイトでスリリングに楽しませてくれた。

e0009009_22324939.jpgイワナも勢いよく毛鉤に飛び出し、深みであれば潜ろうとするし、浅瀬では渾身の力を振り絞り流れを上下に走り回った。

e0009009_22335458.jpg午後からは友人たちと一緒に渓を釣り上がる。ガガンボ、ミドリカワゲラやオオマダラなどのハッチもみられるのだけど、午後から入った区間の渓魚たちの活性はあまり高くない。先行者の影響だろうか。でもそれは仕方の無いコト。竿抜けのポイントを探すコトでロッドを曲げよう。

e0009009_22342134.jpg17時を回ったトコロで、ステージをいつもの里川に変える。イブニングでの実績の高い場所へ向かい、グッドサイズのイワナを引きずり出す。日中はなかなか毛鉤に出てこない大物も、光量が少なくなった頃なら警戒心が薄れるためか、出会うチャンスが大きく広がる。ただし、視認性だけを重視した大きな毛鉤ではなかなか毛鉤を咥えてくれないのだけど。

e0009009_22344833.jpg適量、適水温の初夏のハッチは、思っていた以上に渓魚の活性を高めてくれていた。この日は餌が食べたくて食べたくて仕方が無い・・・そんな感じだった。午前中はパイロットフライとしてティペットに結んだアダムスだけで楽しいひと時を過ごさせてもらえた。午後はちょっと苦戦を強いられたけど、イブニングで良い型のイワナに出会えて満足の一日となった・・・


e0009009_2235227.jpg・・・だけど、翌日は初夏から一転して、真夏の様相。朝イチバンにとあるポイントに入ると、イワナたちは異常なまでの高活性で僅か2時間足らずの間に20尾ほどをキャッチ。しかし、最大は20センチ止まりで、そのほとんどはは5〜6寸・・・逃がしてあげるから、お父さんとお母さんを呼んで来ておくれ。

e0009009_22354485.jpg大物を期待して、水量のある下流部へと移動したものの、照りつける太陽と前日よりも引いた水と高水温でハッチはない。前日と同じ川なのに、全く違った表情になっていた。こんな日は、強い日差しを避け水温の上昇を抑えるコトの出来る森の中を流れる渓を選択すべきだった。強烈な日差し・高水温&ノーハッチでは、渓魚は毛鉤など見向きもしない。きっと水通しの良い涼しい木陰や岩陰で休んでいるに違いない。フィールドのチョイスを間違ってしまったため、日曜の木曽は初夏ではなく、完全に真夏の厳しい釣りとなった。

土曜が初夏のベストシーズン。日曜は厳しい真夏のような釣り。
前日と同じ流れでロッドを振ったからこそ、実感するコトとなった盛夏のはじまり。
6月に入り、渓流シーズンの折り返しは夏と盛夏のターニングポイント。

あ、でもその前に、梅雨が来るんだった・・・(笑)
ひと雨くれば、木曽は近々爆発の予感がする?

My trip meter 315.3km
total 3721.8km
トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/10395426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Lt_cahill at 2009-06-08 23:12
terryさん、こんばんは!
木曽も6月の最盛期を迎えて活性が高かったようですね。同じ川でも状況によって釣果が変わるのは二日行かないと分からない訳だから勉強になって得しましたね(笑)
梅雨の時期になるともっと大物も動くでしょうからがんばってくださいね!
Commented by mi-stream at 2009-06-08 23:24 x
terryさん、こんばんは♪
沢山の渓魚と仲良く折り返し地点を越えたようで、ウラヤマシイ限りです!!
やっぱり木曽はいいなあ・・・
Commented by tankrolly at 2009-06-09 00:07
Terryさん、みゃ~~~~どです。

おおっ!天気も好くて土曜日はなかなか楽しそうな
釣りだったんですね。
先週の雨は凄かったですから、できればこの土曜日のような
日に釣りしたかったなぁ(^^;

でも日曜日は真夏の陽気。この時期は結構気温の上下が激しいので暑くなっちゃうと、サカナの前にこちらの元気がなくなりますね。
そんなときはソフトクリームっすね(^^;
Commented by 西洋毛鉤 at 2009-06-09 12:19 x
そういえば、BBQの後に食べたような・・・・・
確かに美味しかったですね。

写真見るまで、食べたこと忘れてました(笑)
Commented by kom at 2009-06-09 16:03 x
こんにちは~
やっぱ木曾行きたかったなぁ~
そうとう迷ったんですよ~ 土曜仕事終わって帰宅したのが夜の9時。月曜も休みだったし、行っちゃおうかなぁ~ なんてね(笑 次、また木曾でミーティングがありましたら宜しくです♪ 師匠の竿にヤマトの魂入れとかないとね♪
Commented by tokyo_terry at 2009-06-09 19:12
Lt_cahillさん♪こんばんわ!!
土曜日はほんと、今が最盛期って感じでしたが
同じ川で日曜の朝の高活性とは裏腹に
日が高くなってからは沈黙の川になったのは厳しかったです。
連日同じ川で釣りをすると、同じ日は二度とないってのが良く判りますね。
まさに、一魚一会(笑)
Commented by tokyo_terry at 2009-06-09 19:15
mi-streamさん♪こんばんわ!!
やっぱ良い時期に来ないと!!
きっとこの時期だけの限定ですけど
朝夕の時間帯でイワナ祭り開催中の場所もありますよ(笑)
Commented by tokyo_terry at 2009-06-09 19:22
tankrollyさん♪みゃ〜〜〜〜〜どッ!!
天気が良過ぎて、すんごい日焼けしちゃってます(笑)
先週の雨が嘘のようで、とある渓は渇水してました。
あっついときのソフトクリームイイっすね!!・・・今度食べて来よ。
でもせっかく釣りで消費したカロリーが・・・(笑)
Commented by tokyo_terry at 2009-06-09 19:23
チョコレート大好きな西洋毛鉤さん♪こんばんわ!!(笑)
美味しかったですね・・・って忘れてたのぉ?
Commented by tokyo_terry at 2009-06-09 19:27
komさん♪こんばんわ!!
この日、フィッシュクラフトさんの楽しいおハナシで
深夜1時までは(一部の方を除いて*笑)起きてたんですよ(笑)
もしかしたら、間に合ったかもしれませんね(笑)
次の機会に木曽でヤマトイワナの入魂しましょう!!
↑西の師匠がきっと良いポイントを教えてくれますよ!!
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2009-06-08 22:41 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(10)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30